BOOKS

被災地から世界をよくする100の方法〜ギフト・エコノミーの幕開け 被災地から世界をよくする100の方法〜ギフト・エコノミーの幕開け
東日本大震災により、一時は40万人が避難を余儀なくされ、避難所や仮設住宅で不自由な生活を強いられました。被災された方々をなんとか支援したいと、138万人のボランティアが国内外から駆けつけました。瓦礫やヘドロの掻き出しにはじまり、さまざまな試みが行われ、個人、任意団体、NPO、企業、自治体などが、被災者のために少しでも役立ちたいという思いを形にしてきました。

この総体を把握するのはなかなか困難ですが、本書では、震災の際の支援方法、防災のためのアイデアなど被災地における100の取り組みを選び、関係者に取材、編集し一覧できるよう試みました。選択の基準は「ギフト・エコノミー(与える経済)」という考え方に沿った行動であるかどうか。ギフト・エコノミーとは、自ら進んで与えることを前提に成立する経済で、需給関係で価格が決まり、貨幣の支払いと引き換えにモノやサービスが提供される収奪型の市場経済(マネー・エコノミー)とは異なり、「絆とクリエイティビティ」によって成り立つ経済です。

被災地は、少子高齢化、環境、格差などの問題をかかえた「課題先進地域」と言われています。そこで活動する個人や組織は、マニュアルのない中、その解決に向けて取り組んでいる「クリエイティブな存在」です。現在、行き詰まり感のある資本主義世界において、被災地での絆で結ばれるクリエイティブな生き方、働き方の動向を知ることは、新しい展望となるのではないかという考え方が根底にあります。被災地支援も4年目を迎え、「もの」から「こころ」へと大きく転換する節目を迎えています。2015年4月時点で4年間の総括として、横断的にまとめることで今後の展開も見えてくるに違いありません。被災地支援・復興に関心のある方、今後日本の10年の行く末に関心の高い読者にとって必携の書です。

社会起業家の条件 ソーシャルビジネス・リーダーシップ 社会起業家の条件 ソーシャルビジネス・リーダーシップ
どうすれば、「想い」を「仕事」に変えられるのか?
注目起業家75人の声を集録!
元ハーバードビジネススクールの名物教授であり、社会起業の思想的リーダーでもある著者が、成功した起業家への豊富なインタビューと自身の体験に基づいて社会起業家に共通する成功要件などを導き出す。すべてのビジネスパーソンが身につけたいこれからの新・ビジネスルール!!
ソーシャルビジネス入門 「社会起業で稼ぐ」新しい働き方のルール (The Social Venture Network Series) ソーシャルビジネス入門 「社会起業で稼ぐ」新しい働き方のルール
「ソーシャルビジネス」とは、「働きがい+お金儲け+社会貢献」という 欲張りな願いを実現してくれる働き方です。 本書では、その先駆者であり、元祖・社会起業家である米アイスクリーム会社ベン&ジェリーズの創業者たちが営利ながら社会貢献を重視する社会的企業の先進事例20社を交え、小さなことから世界を変える方法とそのための心構えを綴りました。 欲張りになって「三兎」を追えば追うほど、仕事は楽しくなる。 混迷の時代を生きるなか、誰もがぶつかる「何のために働くのか」という問いへの答えを与えてくれる1冊です。
世界をよくする簡単な100の方法 社会貢献ガイドブック 世界をよくする簡単な100の方法 ~社会貢献ガイドブック~
『世の中をよくしたい』 『人のために役に立ちたい』おおっぴらに公言するのは照れくさいけれど、こんな気持ちを抱いている人は 少なくありません。この思いこそ、社会貢献の原点。地球温暖化問題や環境問題を持ち出すまでもなく、いま、私たちが共通して抱えている問題はたくさんあります。それらの問題に対し日常の小さなアクションから解決方法に近づいていこう、というのが本書の主旨です。
社会起業家―社会責任ビジネスの新しい潮流 (岩波新書) 世界をよくする簡単な100の方法 ~社会貢献ガイドブック~
「社会起業家」とは何か? 本書は、この問いを明らかにし、その意義を探るためにある。単に収入を得る手段としてだけでなく、自己実現のために、そして環境・人権などの課題に使命感をもつ―このような価値観をもって働く社会起業家がいま注目されている。社会責任投資の高まり、企業とNPOのパートナーシップといった新しい動向を明らかにしながら、アメリカ・日本の社会起業家の生き方を紹介し、その意義を考える。
企業評価の新しいモノサシ―社会責任からみた格付基準 企業評価の新しいモノサシ―社会責任からみた格付基準
信頼が競争力の源泉。消費者、取引企業、地域の評価は万全か。「企業の社会責任」の考え方を取り入れて成功した事例や、反対にこの概念を無視したことで評価を下げた企業を紹介。今後のマーケティングの課題と将来に生き残る道を示唆する。
「倫理法令遵守マネジメント・システムECS2000」 「倫理法令遵守マネジメント・システムECS2000」
麗沢大学出版 共著 2000年5月出版
本書は倫理法令遵守への取り組みを促すための規格ECS2000を紹介するものである。ECS2000とは、組織の中に不正を強要する暗黙の圧力が働いていること、倫理を取り巻く法社会制度が大きく変化していること、情報開示が進んでいないことなどから、著者が所属する麗澤経済研究センター「企業倫理研究プロジェクト」が中心となって作成した新規格である。本書では、その現状と課題を論じている。また、企業のコンプライアンス体制を構築するための具体的方法を説明している。
日本語版ダウンロード
英語版ダウンロード English Ver.
Societe Et Publicite Nipponnes Kaleidoscope Du Japon Contemporain Societe Et Publicite Nipponnes Kaleidoscope Du Japon Contemporain
You-Feng社 共著 フランスで2002年4月出版
バブル崩壊前と後の広告表現を単純に比較してみると、モノ重視の時代と、ココロ重視の時代に分けることが出来る。そして、「時代のココロ化」は今後もっと促進していくと考えられる。その背景には、90年代後半、談合疑惑、総会屋への利益供与、汚職、セクハラなど企業による不祥事が多発していることが大きな原因として挙げられよう。こうした事件を通じて、人々は「企業はただモノを売って、金儲けしていいのか」という疑問を持つようになった。それはやがて「企業の役割は、経済責任を果たすだけでなく、社会責任も果たすべき」という考えにいたるようになっている。ココロの時代の到来と共に、企業は、その姿勢、その価値観を明確にする必要に迫られており、広告コミュニケーションも、よりそうしたことを意識した内容になっていくと考えられる。